名古屋鉄道 竹鼻線 2001-10-08撮影

廃止になってから約1週間後の竹鼻線を訪れてみました。その面影は
まだ残っていますが、すでに踏切の撤去作業などが、大須駅側から始まって
いました。


以下の写真は、全て、大須-八神間

 

面影はまだ完全に残っており、いつ電車が走ってきても不思議ではありません。

 

沿線の様子と、踏切

 

踏切の廃止を告知する看板(左)   この看板の役目も終わりました。(右)

 

大須駅終点(左)   閉鎖された橋(右)

 

ひっそりとした大須駅。駅名看板はありませんでした。

このお知らせが、廃線の現実を物語っています。

 廃止されて2年半後の様子です2004/3月撮影

設備の撤去は、部分的にはほとんどない所と
手付かずに近いところと
まちまちです。

看板は、そのまま残っています 橋の右側が大須駅側。線路、踏み切りは撤去済です
八神駅側を望む 八神駅側を望む。架線柱はありません
八神駅そばの踏み切り 八神駅
橋も、そのまま残っています。大須駅側を望む


Copyright(c) 2001/2004 von.All rights reserved.